あなたの心の声を、小説にします

 

とても変なことを思いつきました。

 

あなたの心の声を、小説にします。

 

どういうことか、自分でも突拍子も無いことを
思いついたものだと思います。

ただ、これをやることは、
これからの世の中で
とても大切なことなのではないかと
感じてもいます。

というのは、今、世の中ではいろんなところで
「建前」というものが崩壊してきているからです。

 

生まれてこのかた、僕らはずっと、
人間というのはこうやって生きるべきだ
という枠組みの中で生活することを
強いられてきました。

学校では国語算数理科社会という教科で
いい点数を取ることが、いい人生を送ることだとされ、
大学ではいい会社に就職することが
いい人生を送ることだとされ、
そして社会に出たら世の中に対してではなく
売り上げに貢献することが
いい人生を送ることだとされています。

 

でも、そういう生き方は、だいぶガタがきています。

 

今や一生同じ会社で働くというのは、
夢のまた夢になっていますし、
若者自体、会社への忠誠心とか愛着は
ほとんど持っていないというのが現状です。

また、いい成績をとって、いい会社に入って、
売り上げに貢献したとしても、
いい人生を送れているとは言えなくなってきました。

むしろ、そうやって枠にはまった人生を
送っている人ほど、
ストレスや自殺といった不幸との距離が
近いようにも感じます。

 

ただ、僕ら人間はずっと、
今ある社会の枠組みの中で生きてきたので、
どうも自分の本音というものに鈍感です。

だから、今の生き方は違うと感じて、
別の世界に飛び出したとしても、
どこの世界に飛び込めばいいかわかりませんし、
別世界での生き方もわかりません。

 

でも、そういう状態は、
これから社会がもっと変化していく中では、
とても危険だと思うのです。

そんなわけで、より多くの人が、
自分の本音にもっと敏感になるには
どうしたらいいかを考えて、
導き出した答えが、
小説を書くということでした。

 

小説というのは、時に読む人の鏡になります。

 

小説の登場人物や出来事に共感することがあれば、
それだけで自分の感性や本心に
気づくきっかけにもなります。

ただ、今や星の数ほどある本や物語の中から、
そんな小説をピンポイントで見つけ出すのは、
なかなか骨の折れることです。

 

そこで思いついたのが、
一人ひとりの生き方にあった、
オーダーメイドの小説を書こうということです。

 

具体的にどういうことをするかといえば、
僕があなたとお話しして、
そこで感じたことを基に、
小説を一つ作るということです。

出来上がった小説は、僕のnoteやブログなどで
発表させていただこうと思いますが、
依頼していただいた方には
著作権フリーで提供いたします。

もちろん、電子書籍にするなどして、
有料販売していただいても構いません。

また、お代については、出来上がる小説の長さは
長短さまざまになると思いますので、
書きあがった小説を読んでいただいた後に、
あなたが払いたいと思った分だけのお代を
頂ければと思います。
(もちろん、出来上がった小説が
気に入らなければ、お代はいりません)

 

申し込みは、takuto.leutebauer@gmail.com へご連絡ください。

ご連絡いただき次第、お話を伺う日程等を決めていきます。

 

僕としてもなかなか実験的な試みですが、
興味のある方、
自分の生き方がどんな小説になって現れるか気になる方は、
ぜひご連絡いただければと思います!

 

ご依頼、お待ちしています!

 

*追伸*

参考までに僕がこれまで書いた小説を下に上げておきます。

どんな小説が出来上がるか気になる方は、ぜひ読んでいただければと思います。

https://note.com/takutoito/m/mc16fa70ab067

では、あなたのお話を伺えることを、楽しみにしています!