電子書籍「想いが伝わらないのは、結局自分に嘘をついているからだ」プレゼント
メールアドレス 必須

・メールの最後に解除リンクを貼っていますので、すぐに解除できます。
・個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。

ライティングにプロもアマチュアも関係ない

 
先日、あるネットショップ運営会社の
社長さんから面白い話を聞きました。
 
そのネットショップでは、
日本全国で働く一流の職人さんが作った、
一流の商品だけを扱っています。
 
そのため、商品を紹介するライターさんも
経験豊富な人を多く採用しています。
 
しかし、その会社で
過去最高の売り上げを叩き出したのは、
経験豊富なライターさんではありませんでした。
それはなんと、ライターの経験がほとんどない
入社1年目の人だったのです。

 

 
ネットが発達した現代、動画や写真があるとはいえ、
ライティングはやはり大切なスキルです。
 
ただ、人の心を揺さぶり、
果てはお金まで呼び込むような文章は
プロを自称するライターでも、
また、あらゆるノウハウを駆使しても、
なかなか書けるものではありません。
 
人の心が動くかどうかは文章のスキルではなく、
文章に込めた「想い」や「志」で決まるからです。
 
想いや志が強く、はっきりしていれば、
あなたが書いた文章は
過去最高の売り上げを叩き出した新入社員のように
面白いくらい伝わり、
読者の心と身体を突き動かします。
 
僕は記者やブックライターの仕事を通して
延べ100人以上の人について記事を書き、
「想い」や「志」の大切さを身を以て感じてきました。

 

『想いが伝わらないのは結局、自分に嘘をついているからだ』には、
読者の心と体を突き動かす文章を書くのに必要な
「想い」や「志」の見つけ方や表現の仕方を
約3万5千文字の文章で詳しく説明しています。

 

Amazonで1,200円で販売中ですが、
メルマガ読者限定で無料で公開中です。

電子書籍「想いが伝わらないのは、結局自分に嘘をついているからだ」プレゼント
メールアドレス 必須

共有: