本屋と古本屋

僕は古本屋が好きだ

僕は本が好きだ。

だから本屋にも、古本屋にも、
どちらにもよく足を運ぶ。

だけれども、どちらかといえば、
古本屋に足を運ぶことが多いかな。

理由は、本屋よりも
コスパがいいからということも
確かにあるのだけれども、
でも、最近気付いたのは
本屋よりも古本屋の本の置き方の方が
好きだということなのかもしれない。

 

本屋は売りたい本を売っている

本屋に行けば、その時々の人気な本
もしくは書店や出版社が売りたい本
というのが一目でわかる。

平積みをされているのはだいたい、
話題の本か、売れてる本か、
有名人が書いた本か、
といったところだ。

当然ながら、
今はどんな本が売れているのかと
手に取って読んでみる。

その本が自分にとって必要かどうかは
とりあえずおいといて、
タイトルを読んで惹かれるものがあれば、
とりあえず手に取ってみる。

本屋で本を手にするときというのは、
だいたいそんな感じだ。

でも、そうした一連の流れを考えてみると、
本屋に行った時に手にする本というのは、
書店に誘導されているのだな、とも感じる。

自分が読みたい本に出会うというよりは、
書店や出版社が読ませたい本に出会う、
といったところだろう。

決してそれが悪いというわけではないけれども、
本好きの一人からしてみると、
それはそれでもったいないような気もするのだ。

 

古本屋は全ての本に平等だ

古本屋には、あまりそいういう意図的な
本の陳列というのはない。

古本屋の本は、どれも平等に
背表紙をこちらに向けて、
棚に並べられている。

たまに外に特売で置いてあっても、
それは100円とか50円とか、
本当に安値だからという理由でこそ
そこに置かれているというだけだ。

また、古本屋に行くと、
欲しい本がそこにあるかどうかは
全くわからない。

普通の書店のように
ある本がずっとそこにあるということは、
まずほとんどない。

古本屋の本とは普通、
一期一会である。

だから、古本屋に行くと、
僕は大抵本棚の隅から隅まで
見ようとしてしまう。

今日のその古本屋には、
どんな出会いがあるのかと、
ワクワクしながら目を滑らせていく。

そうすると、それまで自分では
あまり気にしていなかった本との
思いもがけないような出会いに
巡り会えるものだ。

こういう思いもがけない出会いというのは、
普通の本屋ではなかなかない。

本棚の隅から隅までじっくりと見させる
古本屋ならではの仕掛けだろうと思う。

今、書店の数が減っているという。

同時に、古本屋の数も、
どんどん減っている。

でも、そうした思いもがけない出会いを
提供してくれる場が減っていくのは寂しいものだ。

僕らは、そういう思いがけない出会いによって、
未知の世界を楽しむことができるのだから。

 

あなた一人に向けて小説を書きます
(テイラード小説)

あなたと直接話し、その印象を基に
今のあなたに必要だと感じた物語を書いています。

お代は、書きあがった小説を読んでいただいた後に、
あなたが払いたい分だけ払っていただければ結構です。

もちろん、読んだ小説が気に入らなければ、
お代はいりません。

ご依頼の連絡は右の申し込みフォームにメールを記入、
またはTwitter、FacebookのDMまで。

→詳しくはこちらから

この記事が役に立ったと思ったら、
TwitterやFacebookなど、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です