書かない人こそ文章力は必要

言葉はすべての基礎

世の中には、
あまり文章を書かない仕事もあります。

例えば店頭販売の店員さんは、
話し言葉が営業の武器だから、
書き言葉というのは
あまり必要ないように思えます。

というより、一対一の対面販売では、
そもそも言葉はあまり強い影響力を
持っていないようです。

メラビアンの法則によると、
聞き手にとって最も重要な話し手の情報は
視覚情報(55%)で、
次いで聴覚情報(38%)、
最後に話の内容(7%)とのことです。

そうした情報を見ると、
言葉でものを売ったり、
誰かに影響を及ぼしたいと考えるのであれば、
見た目や声の響きなど、
雰囲気を徹底的に鍛えれば
いいのではないかと思えてきます。

しかし、実は話の内容というのは
見た目や声の響きといった雰囲気の
基礎になる部分です。

そのため、「書く」という言葉の技術が優れた人は、
プレゼンなど対面のコミュニケーションでも
優れた能力を発揮できる可能性があるのです。

 

書かない人こそ文章力は必要

あなたは自分が言葉を発している時、
自分の話している内容が
ひどく気になったことはありませんか?

僕は何度もあります。

特に、自分の話している内容が
トッテンバラバラ、
文法的にも間違っている場合に
何度も起こりました。

そうすると、話しているはなから、
自分のことばかり気になって、
どんどん自信がなくなってきます。

会話では、
先ほどのメラビアンの法則のように、
見た目などの雰囲気が大切ですが、
話す内容がめちゃくちゃだと、
まずは自分が話す内容を気にしてしまうのです。

自分の話している内容が気になってしまうと、
そればかりに注意が向いてしまいます。

そして、自分が今どうやって立っているかや、
話し声が上ずっていないかなど、
雰囲気にはどんどんどんどん
意識が回らなくなっていきます。

話の内容や、そもそもの言葉遣いという
基礎の部分がしっかりしていないと、
見た目や話し声といった雰囲気も、
自ずと崩れていってしまうのです。

そうならないためにも、話す言葉はしっかりと、
少なくとも自分が気にならない程度には
内容の整合性が取れていて、
かつ文法的に正しくあるべきなのです。

 

書けば話すスキルも上がる

ただ、普段の会話はとても砕けています。

どれくらい砕けているか確認してみたければ、
一度普段の自分の会話を録音して、
書き起こしてみるとよくわかります。

おそらく、文法や意味などは、
見る影もないくらいに
めちゃくちゃになっているに違いありません。

そんな面倒臭いことをしなくても、
テレビで字幕だけ追ってみるなどしてみると、
人間がいかに言語情報以外に頼って、
コミュニケーションを取っているかが
よくわかります。

では、整った言葉を話せるようになるためには
どうしたらいいのでしょうか?

それはやはり「書く」ということに限ります。

文章というのは、99%、言語情報の塊です。
(正確にはもうちょっと別の情報もありますが)

下手な文法や間違った言葉遣いをしてしまえば、
一目瞭然で、すぐに意味が伝わらなくなります。

だから、そこでは全て
言葉で勝負しなければいけません。

でも、書き言葉に慣れてくると、
自ずと話す言葉も自然に整ってきます。

話す言葉が整ってくれば、
自分の喋りにも自然と自信がついてきます。

僕自身、書くことに慣れてからは
人前で話すことにも慣れてきて、
プレゼンなど大勢の前で話す時にも
緊張で足が動かなくなるなどといったことは
ほとんどなくなりました。

書き言葉の上手い下手は、
それほどまでに話し言葉に影響するのです。

だから、もしあなたが今、
営業などで人と話す仕事をしているのであれば、
日記でもなんでもいいから、
とりあえず書くということを
習慣にしてみてください。

毎日何かしら書いていれば、
3ヶ月後くらいには、
自分が話す言葉が変わってきていることに
気づくはずです。

 

あなた一人に向けて小説を書きます
(テイラード小説)

あなたと直接話し、その印象を基に
今のあなたに必要だと感じた物語を書いています。

お代は、書きあがった小説を読んでいただいた後に、
あなたが払いたい分だけ払っていただければ結構です。

もちろん、読んだ小説が気に入らなければ、
お代はいりません。

ご依頼の連絡は右の申し込みフォームにメールを記入、
またはTwitter、FacebookのDMまで。

→詳しくはこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です