書きたいことがあるのに書けないとき

なぜ「書きたいのに書けない」ということが起こるのか?

自分の中でモヤモヤとして、
言葉にしたいものがある…

そんな感覚は、文章を書き始めると
何度か感じることがあります。

特に、ブログ記事を更新することなどを
毎日の日課としている人になると、
書いていないと不安になって
しまうこともあり、
常に何かを書きたいという感覚を
覚えているかもしれません。

僕も何度もそういう
「何かわからないけどとりあえず書きたい!」
という感覚を抱いたことがあります。

でも、不思議なことに、
書きたいと思えば思うほど、
言葉ってなかなか出なくなります。

ここでは、「書きたいのに書けない」
という現象がどうして起こるのかを
考えていきます。

 

「書きたいのに書けない」のはただ書きたいだけだから

「書きたいのに書けない」
という現象が起こるのは、
実は表現したいものが何もないのに、
ただただとりあえず書きたいから、
ということである可能性が
非常に高いです。

でも、別のところで書いていますが
文章というのは、
そもそも書きたいネタ、
表現したいネタがないと、
当然ですが書くことはできません。

ところが、書くことを日課として
自分に課してしまうと、
ネタもないのに「書きたい」と
思ってしまいがちです。

もちろん、毎日書くことは、
文章力を上げるのにとても効果的です。

でも、書きたいネタがないのに
無理やり書こうとしてしまうと、
出来上がるのはどうしても駄文ばかりで、
せっかくのライティングも、
全然意味がなくなってしまいます。

 

書きたいなら、気持ちをきちんと整理する

もう一つ、「書きたいのに書けない」
ということが起きる原因は、
自分の中には確かに書くべきネタがあるのに、
それが言葉としてきちんと
整理されていない時です。

つまり、表現したい想いは目一杯あるけど、
たくさんありすぎて、
どこから書き始めればいいかわからない
といった状態です。

こういう時はとにかく白い紙にでも何でも、
思い浮かんでいることをかたっぱしから
書き出しましょう。

書き出してみると、
理路整然に、相手に伝わるように書くには
どういう順番で手をつけていけばいいかが、
自ずと見えてきます。

多くの人は文章を書くときに、
まっさらな紙や画面に向かって
いきなり書こうとしますが、
少なくともはじめのうちは
書きたいことを紙に書き出して
内容を整理してから
文章を書き始めた方が
スムーズに文章を書くことができます。

 

パソコン画面の前で何時間も悩まない方法

前者にしても後者にしても、
「書きたいのに書けない」という感覚は
自分の想いや感情を
しっかり整理できていないときに現れます。

逆にいえば、
自分が感じていることを
常に整理しておけば、
そういう感覚を抱くことは、
少なくなっていきます。

そういう意味では、
何かをひらめいたときに
それをメモすることは
とても大切です。

ひらめきは、メモをしないと
どんどん忘れていってしまうだけでなく、
自分の中の整理されていない
モヤモヤとして溜まっていってしまうからです。

僕の場合は、何かをひらめいたとき、
できる限りどこかにメモしています。

最近はメモがわりに
ツイッターも使っています。

ツイッターであれば、
メモを取ると同時に、
投稿もできてしまうからです。

そして、後で見返して、
これと思うものがあれば、
そこから話を広げて、
一つの記事としてまとめることもできます。

ひらめきはライターにとって命です。

このひらめきを大切にするかどうかで、
「書きたい!」と感じたときに
すぐに文章を書けるかどうかが
決まってきます。

紙やパソコン画面の前で
何時間もウンウン唸らないようにするためにも、
ひらめきはできる限りメモしておきましょう。

 

1,200円の電子書籍が無料で読めます

先日、あるネットショップ運営会社の
社長さんから面白い話を聞きました。

そのネットショップでは、
日本全国で働く一流の職人さんが作った、
一流の商品だけを扱っています。

そのため、商品を紹介するライターさんも
経験豊富な人を多く採用しています。

しかし、その会社で
過去最高の売り上げを叩き出したのは、
経験豊富なライターさんではありませんでした。

それはなんと、ライターの経験がほとんどない
入社1年目の人だったのです。

ネットが発達した現代、動画や写真があるとはいえ、
ライティングはやはり大切なスキルです。

ただ、人の心を揺さぶり、
果てはお金まで呼び込むような文章は
プロを自称するライターでも、
また、あらゆるノウハウを駆使しても、
なかなか書けるものではありません。

人の心が動くかどうかは文章のスキルではなく、
文章に込めた「想い」や「志」で決まるからです。

想いや志が強く、はっきりしていれば、
あなたが書いた文章は
過去最高の売り上げを叩き出した新入社員のように
面白いくらい伝わり、
読者の心と身体を突き動かします。

僕は記者やブックライターの仕事を通して
延べ100人以上の人について記事を書き、
「想い」や「志」の大切さを身を以て感じてきました。

『想いが伝わらないのは結局、
自分に嘘をついているからだ』
には、
読者の心と体を突き動かす文章を書くのに必要な
「想い」や「志」の見つけ方や表現の仕方を
約3万5千文字の文章で詳しく説明しています。

Amazonで1,200円で販売中ですが、
メルマガ読者限定で無料で公開中です。

1節あたり10ページ程度で読みやすく整理してあるので、
ぜひ読んでみてください。

→『想いが伝わらないのは結局、
自分に嘘をついているからだ』を読んでみる

僕のプロフィールはこちらで紹介しています。

→プロフィールを読む

また、僕が文章を書く理由はこちらから。

→『僕は君に芸術家になってもらいたい』

この記事が役に立ったと思ったら、
TwitterやFacebookなど、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です