僕の作品の原動力

今はまだその手法が発展途上で、
僕自身も無名だけれども、
僕の小説とその書き方は、
必ず世界に大きな爪痕を残すと感じている。

それは、これまで何人かに、
二十代半ばまで小説をほとんど読んでこなかった僕が、
どうして今頃になって小説を書き、
また語るようになったかを説明したときに
受けた手応えがあるから。

そんな僕に今必要なのは、
哲学、文学、芸術、社会、科学、人間について
横断的に語れる今より多くの仲間と、
小説における実績、
そして何より僕自身がより多くの作品を書き、
またそのためにより多くの人と深くつながること。

僕の作品の原動力は、一重に人間関係にある。

その関係において現れる、感情のざわめきと
感覚の流れとが、
僕に今書くべき小説を知らせてくれる。

 

あなた一人に向けて小説を書きます
(テイラード小説)

あなたと直接話し、その印象を基に
今のあなたに必要だと感じた物語を書いています。

お代は、書きあがった小説を読んでいただいた後に、
あなたが払いたい分だけ払っていただければ結構です。

もちろん、読んだ小説が気に入らなければ、
お代はいりません。

ご依頼の連絡は右の申し込みフォームにメールを記入、
またはTwitter、FacebookのDMまで。

→詳しくはこちらから

この記事が役に立ったと思ったら、
TwitterやFacebookなど、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です