想いが伝わる文章とは?

無意識に書ければいい

代筆依頼を受けた本を、
先日1冊書き終えました。

発売まではまだ少し時間がかかるので、
中身を伝えることはできないけれども、
今回依頼を受けた本は、
自分が依頼を受けた中でも
かなり書きやすい方だったように思います。

「書きやすい」というのは、
その文章がいいものかどうかの
一つの基準になるように思います。

僕自身の経験から言えば、
書くのに苦労した文章というのは、
後で見返すと、だいたい読むに耐えない
小難しい文になっています。

数日前に、
個人的にもお世話になったことがある
ある出版社の編集者をやっている人の文章で、
無意識に文章を書く手が動くのがいい
という記事
を読みました。

これは僕も同じ意見です。

無意識に出てくる言葉というのは、
そのほとんどが、今の自分の状態を
ありのままに映し出しています。

それを自分自身で
しっかりと把握していない限りは、
どんなに頭で頑張って
文章を組み立てあげたとしても、
読者に伝わるものはいかほどもありません。

そもそも、自分が把握できていないものを、
どうしたら自分以外の人に
伝えられるというのでしょうか。

とはいえ、文章を書く人というのは、
目立ちたがり屋や見栄っ張りが多いです。

そして、そういう人が書く文章というのは、
残念ながら、自然に身の丈を知らない、
背伸びをしすぎた文章になっています。

 

拙い言葉でも、伝わるものは伝わる

今回、依頼を受けた本でいえば、
内容はどこまでも著者と等身大でした。

関西弁で少し崩れた言葉でもって、
苦しみ、悩んだことも全て包み隠さず
インタビューで話してくれました。

そういう人柄の全てを
さらけ出したような本というのは、
内容の一貫性がやや崩れたとしても、
ライターとしては書きやすいし、
読者からしても
読んでいて面白いものになります。

実際、僕自身も、
インタビュー音源を聴いたり、
文章を書いたりしている中で、
何度か鳥肌の立つ思いをしました。

著者自身の感動が
僕自身に伝わってきたのと、
僕自身がその感動を
文章に書き留めることができる
という興奮とが、
身体を通して現れたのです。

 

あなたは本心に向き合っているか?

己の実体験に
どこまでも忠実な文章というのは、
頭でガチャガチャ考えた文章とは
比べ物にならないくらい強いです。

それは長く読み続けられるし、
また読む人の多くに
書き手の伝えたいことが伝わります。

そもそも、
実体験に基づかない文章というのは、
言葉の裏に事実がないという点で、
本質的に嘘です。

嘘であるということは、
たとえ言葉尻が相手に伝わったとしても、
あなたの本心は
伝わっていないのと同じです。

もし今、あなたが文章を書いていて、
読者が思ったように増えないだとか、
なかなか評価が上がらないだとか、
あなたが望むように動いてくれないだとか
と言ったことを感じているのだとしたら、
あなたは文章において、以上に述べたような
嘘をついている可能性が高いです。

つまり、あなたの本心を偽り、
実体験というものを
ひた隠しにしている可能性が高いです。

でも、それじゃまずいはずです。

そんな状態では、
文章の技術的なスキルを
どんなに伸ばそうとしたところで、
綺麗な文章は書けても、
あなたの望むものは永遠に
手に入らないからです。

あなたが望むものが、
お金なのか、信頼なのか、
仲間なのか、名誉なのか、
何なのかは、僕は知りません。

だけれども、何を望むにしても、
自分がなぜそれを望むのかや、
自分にとって望むそれは
一体何の意味があるのかについて
しっかり向き合わなければ、
自らの本心はあなたの前には現れないし、
本物の実体験は文章に書けません。

そして、実体験を素直に書けなければ、
あなたの文章には誰も見向きもしないのです。

 

あなた一人に向けて小説を書きます
(テイラード小説)

あなたと直接話し、その印象を基に
今のあなたに必要だと感じた物語を書いています。

お代は、書きあがった小説を読んでいただいた後に、
あなたが払いたい分だけ払っていただければ結構です。

もちろん、読んだ小説が気に入らなければ、
お代はいりません。

ご依頼の連絡は右の申し込みフォームにメールを記入、
またはTwitter、FacebookのDMまで。

→詳しくはこちらから

この記事が役に立ったと思ったら、
TwitterやFacebookなど、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です